医療と食を通じた 最善なライフスタイル

診療科

その他の診療

エイジング対策

AGA(男性型脱毛症)治療

 「AGA」とは「Androgeneric Alopecia」の略で、男性に最も多く認められる脱毛症で、放置しておくと髪の毛は減り続けます。

AGAでは、ジヒドロテストステロン(DHT)などのホルモンの関与によりヘアサイクルの成長期が短縮し、硬毛が軟毛化することで薄毛が徐々に進行します。
AGA治療薬は、テストステロンをDHTに変換する1型および2型の5α還元酵素を阻害しDHTを低下させ、ヘアサイクルの正常化を促し毛髪数を増加させます。

プロペシア1㎎を24週間内服により、成人男性の約90%に効果が認められております。

また、ザガーロ0.5㎎を24週間内服することで、プロペシア1㎎の1.6倍の毛髪数の増加を認めました
プロペシアでは効果不十分と感じる方は、ザガーロ0.5㎎をお勧めします。

  プロペシア(1㎎) ザガーロ(0.5㎎)
作用 2型5α還元酵素阻害 1型&2型5α還元酵素阻害
発売日 2005年 2016年
販売会社 MSD グラクソ・スミスクライン
副作用発現率
(詳細は下記参照)
20% 16%

飲み方

いずれも1日1回内服になります。


使用上の注意

  • 男性における男性型脱毛症のみの適応です。他の脱毛症に対する適応はありません。
  • 20歳未満での安全性および有効性は確立していません。
  • 治療効果を評価するためには、通常6カ月間の投薬が必要です。
  • 薬剤は肝臓で代謝されるため、肝機能障害を指摘されている方は医師に相談して下さい。
  • 服用開始6カ月後より、前立腺ガンの腫瘍マーカーであるPSA値が約50%減少します。服用中止6カ月後には元の数値に戻ります。

24週間服用した際の副作用の比較

  プラセボ(偽薬) プロペシア1㎎ ザガーロ0.5㎎
投与した人数 181人 179人 184人
副作用発現数(率) 27人(15%) 35人(20%) 30人(16%)
勃起不全 6人(3%) 10人(6%) 10人(5%)
射精不能 2人(1%) 3人(2%) 1人(1%)
射精障害 1人(1%) 2人(1%) 2人(1%)
リビドー減退 2人(1%) 7人(4%) 4人(2%)
腹痛 2人(1%) 0人 0人
精液量減少 0人 0人 2人(1%)
鼻咽頭炎 0人 1人(1%) 3人(2%)

名称
料金(税込み)
プロペシア 1㎎
28錠 8,400円
140錠 38,000円
フィナステリド1㎎
(プロペシアの後発品)
28錠 4,500円
140錠 20,000円
ザガーロ 0.5㎎
30カプセル 10,000円
150カプセル 45,000円